“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:ルドルフ・シュタイナー

スピリチュアルと瞑想について【瞑想の役割とは?】

どうも。オレさまだよ。 過去メルマガ編集再掲シリーズ、続いてます。 最新版は登録している人たちだけだが、半年~一年程度前のものは、こうしてブログにも登場する。 そんなわけで今回もどうぞ。 スピリチュアルには欠かせない、「瞑想」に…

詳細を見る

【スピリチュアルと傾聴】魂を沈潜させる―「心で聴く」こと。

はい、どーもー。オレさまです。ええ、そうです。あなたの夏樹です。崇めなさい。・・・・さて。冷たい視線をものともせず、今回は、過去のメルマガ編集加筆トークです。お題は、【スピリチュアルと傾聴】の視点から「魂の沈潜」です。 …

詳細を見る

神秘学を学ぶ者は、いかに“世界”と向き合うのか。~ミヒャエル・エンデのモモ~

あー、どうも。 夏樹です。 今回は、昔のメルマガからのネタです。 さて。神秘学の巨頭の一人、ルドルフ・シュタイナーはその著書「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」の中で、次のようなことを言っている。 &nb…

詳細を見る

エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2

どうも。夏樹です。まず軽く前回の復習をしよう。未読な方は、コチラから。エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その1さて。神秘学の行法(プラクティス)は、主に二つに大別できる。一つは、自我(意識、魂の本質)によって、アストラル体に働…

詳細を見る

エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その1

【本記事の概要】   どうも。夏樹です。 さて。 そもそも、ブログ、メルマガ、講座を通して「神秘学を学ぶ」 という目的でコンテンツを提供しているワケだが。 この神秘学─いわゆるスピリチュ…

詳細を見る

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その7 【6番目の行法は、すべてを同時に】

どうも。体育会系スピリチュアル@夏樹です。●●系スピリチュアル@シリーズも、ヒットするキャッチコピーが生まれる気がする今日この頃です。魂の6つの行、最後の6番目の行法の内容について記すぜ。本来は1か月にひとつずつ。半年でワンター…

詳細を見る

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その6【思考と意志の結びつき】 

どーも、夏樹です。最近はニュースで中国の赤サンゴ狙った密漁船の大群を見て、「海自の力でさっさと駆逐しろー!」とキレ気味ですが、いち元国際政治学徒としての見解としても、「駆逐が正しい」なんて冷静に思う過激な今日この頃ですが、ぽまいらはいかが三…

詳細を見る

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その5【思考と感情の結びつき】 

本記事の概要 どーも。夏樹です。今回も、ルドルフ・シュタイナーの神秘学こと、薔薇十字系神秘学の基礎行法「魂の6つの行」の続きを記していきますぜ。 なんで、世のスピリチュアルな自称専門家―スピリチュアル・カウンセリングとか…

詳細を見る

神秘学は、“自分は弱い”と思うような人に役立つ哲学でなくてはならない。

あー。ども。夏樹です。『家庭の神秘学』なんて親しみやすいフレーズでも流行らせてみたいな思う昨今ですが、そんな言葉がはやったところで、SEO的に「別にオレに大してメリットがあるとは思えない」と気付いてしまい、それはともかくも、「一家に一人、ア…

詳細を見る

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その4【感情の行】 

どーも。夏樹です。 社会派スピリチュアリストとして時事ネタにも触れて 絶賛売り出し中(ウソ)ですが、 やっぱり本業(?)は、 ルドルフ・シュタイナー系薔薇十字の神秘学、 キリスト教神秘主義の神秘学アルよ、 本筋は外せないネ。…

詳細を見る

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その3【意志の行】 

どうも。夏樹です。昔からスピリチュアル、ヒーリング業界で本音言い過ぎて嫌われてます。はい。世に【スピリチュアル・カウンセラー養成講座】とか、【スピリチュアル・ヒーラー養成講座】とか。東京や横浜には腐るほどあるが、たかだか数日のレッスンで、一…

詳細を見る

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その2【思考の行】

どーも。夏樹です。 世の中、スピリチュアル・カウンセラーとか、スピリチュアル・ヒーリングとか、いろいろありますが。 そんなことよりも、重視すべき「スピリチュアル」のベースということで、まずはルドルフ・シュタイナーの「魂の6つの行」こ…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    「エゴイズムは自分を中心にして自分のことだけを考える」ということですが、自我とエゴイズムは違うということですが、よく違いがわからないのですが、 自分を中心にして自分のことだけを考える と、いう時期はとても必要だとわたしは思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    じゃあ、エゴとは自我のことだと思っていいのですか。 だいたいが、自我自体がどういう概念なのかを人は理解していないと思いますよ。 そこが理解できてないということが、話が進まないのではないのですか。 エゴと自我はイコールだと理解しました。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/04/15)
    エゴとエゴイズムを両方を似たようなものとするのはなかなかに斬新だが、それはおまえさんの事情であって。(笑) 言葉として違うものである以上、違う意味、概念を取り扱ってる。とくにこの二つはまったく別物どころか、 反対の概念だ。 白と黒という言葉が、ぜんぜん反対の色を示す言葉であるように。 それを似たようなものだ! と、言っても話は進まない。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    エゴイズムもエゴもどちらも似たようなものだと思います。 それに、エゴイズムは思考ではないから、正しい思考もなにも感情じゃないですか。 物質的な欲望と感覚的な欲望の充足は、正しいとか間違っているということではないですよ。 感覚的な欲望は物質的なものとして反映されるとは思いますが、それがエゴイズムとは思いませんし、欲というのは必要悪ではないです。 そのような捉え方をするから、人はいろんなものを抑圧して変に病的になったりするのではないですか。 人生の生きて行くなかで、欲を自己中心的に満たすという経験は大切なことだと思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter