“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:スピリチュアル批判

ヒーリングについて読者の質問に答えてみた件その1

どうも。夏樹です。 忙しい日々が続くが、なんとか月イチの神秘学講座も継続されてきている。ライフワークだけに今後も続けるつもりだというところで、ここと本記事末に、次回3/21(土)の講座への募集ページへとリンクを張るのでよろしく。 さ…

詳細を見る

内省を深めることの意味について神秘学的見地からの考察

どうも。夏樹です。今回の内容は、メルマガ魂の神秘学Vol.44『神秘学の基礎にして深奥─内省その3』を少し編集してお届けします。 内省とはそもそも何か考えなおしてみよう アンタたちーー!! 寒いわね。 寒いじゃな…

詳細を見る

スピリチュアル・ヒーリングとか言う前に基礎としてエーテルを。

どうも。夏樹です。昨今のスピリチュアル業界、スピリチュアル・ヒーリングがすぐにできたり、スピリチュアル・ヒーラーになれると思い込んでいる人たちが多かったり、そんな人たちをカモにする「スピリチュアル・ヒーラー養成講座」「スピリチュアル・カ…

詳細を見る

癒しフェア2015ってなんやねん。

 あー、ども、癒されたい気がする39歳、露骨に「体力が足りませんが何か」とご過労さまな日々でいやがりますが、ぽまいらはいかがお過ごしですか。いやね。ふと、こんなニュースを見つけた。「癒しフェア2015 in大阪」開催(サイトの安全性判定が危…

詳細を見る

Youtube「魂の神秘学ONLINE原因と結果の法則について~Part2

はいはい、Youtube版ONLINE講座第二弾です!今度は動画のテキストもよりリッチにして、聴覚+視覚でよりわかりやすくなるように工夫してみたぜ。(ヨメが♪) おれのライフワークだから、とてつだってくれるヨメちゃんやら、…

詳細を見る

インフルエンザとスピリチュアル レイキヒーリングだか効くとか言う人がいる件

あー、どうも。 夏樹です。 あなたの夏樹です。 インフルエンザとスピリチュアルのアヤシイ関係性について思わず書いてみちゃう昨今です。その意味とか真実とか。踏み込めるようで踏み込めないような。 選挙運動ではありませんが、 なんと…

詳細を見る

♪信じる者しか救わないセコい神さま拝むよりは♪

どーも。敬虔と罰当たりの狭間の間を小気味よく漂うオトコ、夏樹です。 年末でクリスマスやら正月も近いってなもんで、 ぽまいらはいかが現世利益を期待して偶像崇拝しちゃっていやがりますか。 さて。どうもこの時期は、スピリチュアル業界に物…

詳細を見る

故障するとうれしい?スピリチュアル系のおかしな波動自慢。

あー、ども。夏樹です。 スピリチュアル系な方々に物申しすぎと言われる昨今ですが、ぽまいらはいかがお過ごしですか。 さてさて。 よくスピな方々のブログとかで、こんな発言を垣間見る。 「私の身の回りの電化製品は、変に故障すること…

詳細を見る

生きるコトは、「シンプル」で片付くか。

どーも。夏樹です。 多分、夏樹です。 そんな気がします。 樹だけに。 あー、さて。 よくスピな定型紋きり型なメッセージには、 「シンプル」ってのがあるね。 物事、シンプルにするほど、 うまくいく、ということらしい。 生き方を…

詳細を見る

「経済的自由」とかを語るスピリチュアル系成功哲学が絶対にアウトな理由

あー、ども。夏樹です。 最近、「経済的自由という言葉や思い込みに憑かれていたよ」という人に会った。 まぁビジネスでそれなりに成功⇒失敗⇒復活という軌跡を歩んだという。 ご多分に漏れず、引き寄せの法則とか、自己啓発、成功哲学をかなり…

詳細を見る

原因と結果の法則4 人格主義に向かって

あー、ども。夏樹です。一連の原因と結果の法則シリーズ―といっても成功哲学よりだけど―について書いてきた。シリーズ最後の今回の4つ目は、そもそも本当の成功哲学は、人格主義に基づいていた、という視点からです。 原因と結果の法則について3、…

詳細を見る

「悟り」「覚醒」とかを語るスピリチュアルは・・・

あーども。夏樹です。悟りを語るスピリチュアルにちょっとナニアレな記事です。ええ。ナニアレです。1.悟ると何が起こるのか。よくタイトルのワードを語るスピリチュアリスト、いますね。悟っただか覚醒しただか。ついでに覚醒すると、豊かにな…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter