“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:スピリチュアル・ティーチング

今、日本に内省が足りない。【スピリチュアル系に多すぎ】

【内省が足りないとする本記事の概要】 どうも、なつきです。どうやら、今、日本に内省が足りない。なんていうと大げさだっつーね。単に自分や神秘学講座で取り扱う項目に「内省」がどうも増えている、という話に過ぎないっつーね。とはいえ、読者の皆さん…

詳細を見る

生命力を見つめる瞑想の方法<アチューンメント>で得られるものとは?

【この記事の概要】 どーも。夏樹です。 さてさて最近は、神秘学講座でも視覚化に力をいれている。(2017/9月現在) またブログでもよく瞑想について書くことは多い。 とりあえず今回も、ビジネスパーソン…

詳細を見る

もし明日世界が終わるとしても・・・【マルティン・ルターの言葉】

【本記事の概要】 概要というほどでもないが、マルティン・ルターが書いたといわれているが、「もし明日世界が終わるとしても、私は今日りんごの木を植えるだろう」という言葉が、おれは好きだ。この言葉から、スピリチュ…

詳細を見る

【スピリチュアルな生き方】天の意を受けて生きるということ≪白いローブを纏う者≫

【ダスカロスの白いローブをまとう生き方についての記事の概要】 どうも。なつきちです。エブリデイ過労と戦ってます。 日本の過労を構造改革を掲げて衆院選に打って出たいです。 日本お疲れ様です新党を結成するので誰かスポンサードしてください…

詳細を見る

【書評】ヒーラーとして在り方の真髄!「ヴィジョン」について

【本記事の要旨】 そんなわけで、今回はトム・ブラウン.jrの「ヴィジョン」についてだ。過去記事の再編集だが、これは良い本なので。真理というものはあらゆる民族にあり、それはこのネイティブ・アメリカンの聖者も継承してい…

詳細を見る

人生にはホントは3回の死があることをスピリチュアルから考える

【この記事の概要】 どーも。夏樹です。ちとまた間があいてしまった。 そんなおり、昔馴染みの友人と対話していた内容から今回のテーマを。 早い話、スピリチュアル的に言って、実は1回の人生に「死」は三回あるということをまとめてみた。 &n…

詳細を見る

うそっ、わたしの霊性低すぎ!?

記事の概要 どーも。夏樹です。 すみません、タイトルのフレーズを使ってみたかっただけです。 これで記事まできてしまったアナタはイイ人ですw ただし、いかがわしい広告宣伝にひっかかるきらいがあるので、今後の人生注意してくだ…

詳細を見る

そのストレス、なかったことに!【瞑想のある生活のススメ】

【この記事の要旨】どーも。なつきです。現代社会はストレス過多だよなぁ。仕事とか人間関係とか、とかく処理せにゃならんことがある。そんなストレスフルな日々に、瞑想がとても役に立つということが、多くの研究から科学者側からも提案されるこ…

詳細を見る

ヘラクレスの12の難行

本記事の概説どーも。夏樹です。今回は神話におけるヘラクレスの難行に隠れされた、秘教的解釈と取り組みについて書いていきます。結論から言うと、我々は、英雄ヘラクレスのように、まずは「ネメアのライオン」と呼ばれる凶悪の敵を打倒さなくて…

詳細を見る

心魂を磨き、自分のチカラで美しくなるということ

記事の概要どーも。なつきです。今回は、「霊的進化」の具体的側面を話してみたい。それがタイトルの、「心魂を磨き、自分のチカラで美しくなるということ」ということなんだ。過去メルマガを編集・追記して書いた記事です。&nbs…

詳細を見る

人生を切り開くセレンディピティを高める方法

【本記事の要旨】一時流行ったセレンディピティという言葉。単なる偶然性を超えた、ひらめきの、ちょっとスピリチュアルな事象。今回は、そのセレンディピティを意識的に活用するには、ということをテーマとした記事です。別に同名のタイトル映画の画像を使っ…

詳細を見る

スピリチュアルだからこそ、地に足をつけていこうぜ。

記事概要過去メルマガを編集記事です。地に足をつける、というスピリチュアルを学ぶ上での基本事項を技術的にやってしまうのも一つの方法だ、という内容です。どーも。夏樹だぜぃ。講座でキリスト・ロゴスやら、聖霊と潜在意識との関…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter