“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:ダスカロス

永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである

永遠の原子<permanent atom>とは どうも、なつきちです。今回はなんか久しぶりに秘教系の記事な気がしますねー。エソテリック系の記事はどこまで公開していいのか、わりとセンシティブなところもあるので書くのは躊躇われ…

詳細を見る

ダスカロスのシンボル・オブ・ライフが翻訳されて出版されるそうです

シンボル・オブ・ライフというダスカロスの未邦訳がついに出版される どうも! なつきちです。 一昨年くらいから、今年こそ今年こそ、と一部業界で話されていたダスカロスの「シンボル・オブ・ライフ」が日本語でも読むことができるようになるそうです…

詳細を見る

実現性の循環とかいうこむずかしい法則

実現性の循環について どーも。夏樹です。 さてさて。 ダスカロスの教えに「実現性の循環」という概念がある。 うちの神秘学講座でもこれに焦点を当てた講義を用意しているわけ。 正直、これは結構抽象性が高くて難しい。…

詳細を見る

【スピリチュアルな生き方】天の意を受けて生きるということ≪白いローブを纏う者≫

【ダスカロスの白いローブをまとう生き方についての記事の概要】 どうも。なつきちです。エブリデイ過労と戦ってます。 日本の過労を構造改革を掲げて衆院選に打って出たいです。 日本お疲れ様です新党を結成するので誰かスポンサードしてください…

詳細を見る

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論4~大天使論を中心に~

【本記事の概要】 ども。大天使のハートがわかるオトコ、なつきちです。ダスカロスの大天使論の記事が続きますが、先日、こんなことがありました。とあるガードしたで、なんかモフモフした白い羽が少し薄汚れていた男に出会ったとです。 「いやね、正直…

詳細を見る

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論3~大天使論を中心に~

本記事の概要 はい、どーも。一部の天使たちから悪辣な呪いを一身に浴びつつあるオレさまですが、ぽまいらはいかが心優しい天使ちゃんたちの歌声に癒されていやがりますか。まぁアレです。どこかに高次存在を敬う、畏敬の念を捨ててしまったのでしょうか。…

詳細を見る

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論2~大天使論を中心に~

本記事の概要 はい、どーも。「出会い頭に天使にドロップキックをかます男」として一部の天使たちの間で恐れられているオレさまですが、ぽまいらはいかが天使の保護を外されそうな人生を歩んでいやがりますか。さて。ダスカロスの大天使論の2回目。今回は…

詳細を見る

神秘家ダスカロスの神秘学的天使論1~大天使論を中心に~

はい、どーも。なつきです。過去記事から天使論をアップテートして再掲していきますぜ。 そんなわけで参考にするのは、やはりダスカロスの「エソテリック・ティーチング」からだ。大天使について縦横に語るダスカロスの天使論は、ヒエラルキー(階級)にし…

詳細を見る

ダスカロス_メッセンジャーシリーズ2巻と3巻のどこが問題なのか

あー、どもども。なつきです。さて。ちょいと問い合わせのあったことに関して話したい。おれがよく引用するダスカロスだが、本人の書いた著作よりも、彼を取材して書いた、とされる通称「メッセンジャーシリーズ」について。これ、欧…

詳細を見る

スピリチュアルな道は、悟れば終わりか。

さて。今回のテーマ。悟れば終わりか。いやね、とある僧籍を持つ方に、先日ふと指摘されたわけです。悟り系男子オレさまには相応しいトピックです。いいわー。それだけで悟りそうだわー。で。昨今のスピリチュアル系のおかしいところとして、「ス…

詳細を見る

「神」を巡る対話_読者からの質問QandA

どーも。夏樹です。また速攻で答えたくなった質問が読者から届いたので、答えさせてもらったんだ。メールベースでのやり取りだった。少し補完して、シェアしようと思う。【問い1】神とはどのような存在か?神とはどのよ…

詳細を見る

7つの約束

はい、どーも。オレさまです。ところで、オレさまは講座でも採用していたのが、下記の7つの約束だ。講座では、オレさまが師匠ダンブルドアから学んだものと、シュタイナー、ダスカロスの教えと一致しているものを中心的に採用していた。(安全性の向上と、講…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter