“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

グラウンディングとスピリチュアル、後編の概要 グラウンディングを軽視したために、独りよがりの考え方に陥ってしまったたシャチョさん。スピリチュアルな学びと実践をし、瞑想などにも取り組み、人とは違う自分という認識ばかりが先行した。エゴイズムが…

詳細を見る

【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【前編】

グラウンディング軽視で陥ったスピリチュアル・エマージェンシーについての記事 どーもー、なつきです。今回は、まさにタイトル通り。グラウンディング。 センタリング、立つ瞑想とかいろいろ言われる。 スピリチュアルな学びをする上で、グラウンデ…

詳細を見る

2018年、大天使占いプレゼントです!

あけましておめでとうございます~。大天使占い、はっじまるよ! お笑い神秘家芸人なつきです。(う、そ💛) さぁて、今年も気張るぜ、てめーら。準備はいいかい? そんなノリのいいぽまいらに、オレさまからのお年玉企画だ! &…

詳細を見る

年末・年始の掃除とスピリチュアル_ネガティブな波動に注意

年末・年始の掃除とスピリチュアル_ネガティブな波動に注意の記事の概要 どもども。なつきちです。年末ですね。今日から休みの人も多いのではないですかね。さて、この時期になると、朝、出勤するときにヨメによく言われるのです。 「街ん中の酔っ払い…

詳細を見る

日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編

本記事の概要 そんなわけで、フラグメントとの対話。後編です。 前編が未読の方は、日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/前編をまずどうぞ。 前編では、鈴木大拙の「日本人の霊性は鎌倉時代から始まった」という点をキーワードに…

詳細を見る

日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/前編

本記事の概要 どーも。なつきです。そんなわけで今回は、都合上あまり素性は明かせませんが、、、「通称G県の聖人」とおれが勝手に呼んでいる、ある人物との対談です。 通称フラグメントとしておきましょうか。 (これだけで古い読者はブログにやた…

詳細を見る

サイキックヒーリングとスピリチュアルヒーリングの違い

【本記事の概要】 どうもなつきです。そろそろ、たまにはヒーリングについて書こうと思います。(といってもメルマガVol.207の編集です) サイキックヒーリングとスピリチュアルヒーリングの違いって話。たまには書かないと、忘れる読者もいらっ…

詳細を見る

たまには誰かとの対話もいいかもしれない。

どうも! なつきです。すっかり寒くなってきたな。 さて、神秘学講座なんてやって人様にスピリチュアル・ティーチングのベーシックから、エソテリック・ティーチングへ、と至る神秘哲学を伝えているが、ときおり、人は何を求めてこの道に…

詳細を見る

神秘学講座の話【ヒーリングのエーテルボールの色とは? 教会ステンドグラスを参考に】

ヒーリングのイメージの共有の難しさをいかに共有するか どうも、なつきです。 ヒーリングで作るエーテルの波動(色彩)のイメージの共有って難しいですよねー。ヒーリングで使うエーテルのボールの色の例え方。 色、つまり波動の違いが、そのまま効…

詳細を見る

「本物のスピリチュアル・カウンセラーの見分け方を教えてください!」

どもども。なつきです。 Q:「本物のスピリチュアル・カウンセラーの見分け方を教えてください!」 なんて質問がありました。 「いいですかー。先生の答えはー いつだってシンプ…

詳細を見る

どういう人が神秘学講座に来ているのですか?

本記事の概要 どうもなつきです。今回の記事は、どういう人が神秘学講座に学びに来ているのかという問いに対する質問に応えていみたい。 考えてみると、今まで来ていそうなものの、この質問は来なかったなぁ、、と思いまして。おれの視点から講座の趣旨…

詳細を見る

今、日本に内省が足りない。【スピリチュアル系に多すぎ】

【内省が足りないとする本記事の概要】 どうも、なつきです。どうやら、今、日本に内省が足りない。なんていうと大げさだっつーね。単に自分や神秘学講座で取り扱う項目に「内省」がどうも増えている、という話に過ぎないっつーね。とはいえ、読者の皆さん…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter